--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Peru♪Paracus, Ballestas Island☆
2007/07/30(Mon)
ペルーではリマを出て最初に向かったのはパラカスのバレスタス島でした。
ペルーのお隣のエクアドルでは自然を楽しむにはガラパゴス諸島が有名ですが、こちらは大陸から少し離れてしまいますので 身近に楽しめるところとしてはペルーのバレスタス島が人気があります。
こういった自然動物を見に行く。。という企画には最近参加する機会がなかったので、ご紹介していただいたときには迷わず申し込みました。
いろいろな大陸を旅すると各場所で感動があります。そしてアラスカ、ネパール、ロシアなどの標高の高い地域の地形と自然環境を見てからも、南米の特にパタゴニアは地形の魅力と自然の厳しさなどには他の地域にはないものがあると思っています。Peachが氷河に初めて触れたのも南米でした。
このような思い出もあり、今回はアドベンチャーツアーではないのにもかかわらずとっても楽しみで、朝3時集合の時間までほとんど眠れませんでした。

こちらがパラカスです。リマから車で3時間ほど走った港町です。
バレスタス島行きのボートのツアーが出発する場所はこういった旅行者向けの企画がなければかなり静かな漁村であったのではないかと思われます。
blog 378 Peru

このように何艘ものボートに旅行者のグループが乗り込みます。
浜辺には何店かの旅行者向けの飲食店とお土産屋さんが立ち並びます。
このような静かな場所に大勢で押しかけているようで、違和感が感じられました。
blog 380 Peru

そんな心配をしていても、ボートが出発するとすぐにイルカちゃんが歓迎してくれていました♪ 
浜辺からも見えるぐらいの位置からしばらく一緒にボートのそばを泳いでくれていました☆
動きが早くてどこの位置から海水に現れるかわからないので、こちらがPeachの精一杯の写真です☆
blog 383 Peru

その後ボートは勢いをつけて沖に出ます。
5分ほど行って左側に見えたのはタンカーが止まっている港でした。
ちょっと港以外になにか鉱山のようにも見えたのでガイドさんに伺ってみました。こちらからはFossilGold(化石の金?)とお塩が出荷されているそうです。
blog 385 Peru

こういった乾燥した岩のような砂漠のような地形が続きます。
blog 388 Peru

山肌にとても薄くサボテンの印が見えますでしょうか? ここに刻まれているのはCandelabraと呼ばれ、大きさは高さ150m以上で横幅は50mで巨大です。
研究を積んでもどのように作られたかは分かっていなく、さまざまな推測があります。
ナスカラインを作った民族に作られたのではないか?。。スペイン人に作られ、目印にされていた。。などがあります。
なぜ砂地からこの印が消えないのかというのも謎です。北斜面にあり、あまり風が当たらないのも影響していると言われていますが、研究されてもまだまだ謎の多い彫り物です☆
blog 391 Peru

バレスタス島に近づいてきました♪
かもめがたくさん現れました。鳥の名前に「ペルー」と付く名前がほとんどでした。
blog 393 Peru

鳥達の活発な様子を実感していただきたいと思いました♪
写真に収めるのは無理でしたが、鳥が水面近くを低級飛行していて急に水にくぐって魚を捕まえる様子なども見ることができました☆
blog 394 Peru

岩の急な場所に巣を作っています。
blog 398 Peru

中央より少し左にいるのはペンギンです。
blog 400 Peru

この辺りでは一番大きな動物・SeaLion(アザラシ)です。
アザラシの女の子は160キロほどで活発です。
アザラシの家族はハーレム式で、30から40頭のメスがいるそうです。
blog 405 Peru

こちらはアザラシのオスです。ずいぶん大きく400キロほどの大きさだそうです。
blog 414 Peru

ペルー・ブービーという鳥です。
blog 408 Peru

すごく素敵な岩の地形になっています♪ 
blog 409 Peru

ペルー・ペリカンです☆
ガラパゴスにも行ってみたくなってしまいました~♪
blog 413 Peru

そして、パラカスから次の目的地の途中にパルパというオレンジの産地があり、道路わきにオレンジがたくさん売っていました♪
車を止めてもらいオレンジジュースを作ってもらいました。
新鮮で最高のジュースでした☆ ご馳走様でした~♪
blog 415 Peru

この記事のURL | Travel | CM(2) | TB(0) | ▲ top
Lima♪ Larcomarと海岸沿い そして夕焼け☆
2007/07/23(Mon)
くわしくお伝えしたいと思っていたらこんなにもLimaについてのエントリーが多くなってしまっていて、自分でも驚いています♪
でも今回がLimaについては最終回になります。
パラグライダー・エリアが一部にあった公園の中のもうひとつのランドマークとなっているプラザ・デ・アモール(愛の広場?)、そしてLarcomarというショッピング街をご紹介したいと思います。エリアに立ち寄ったときは珍しい動物にも出会いましたので、そちらもご報告いたします☆
まずはヤシの木があるエリアのあたりです。ここから出発してまずは海岸沿いに北のほうに歩いていきます☆
blog 043 Peru

手入れがとてもきれいにされている公園が続き、しばらく歩くとフライトの折り返し地点の目標になっていた灯台のところに到着します☆
blog 047 Peru

もう少し行くとテニスクラブがあります。ご覧のように、クレー・コートです。贅沢ですね。
blog 049 Peru

きれいな公園はまだまだ続き、お手入れしている人たちが何人もいます。
blog 053 Peru

公園沿いにはきれいなお家とかマンションが立ち並びます。
blog 055 Peru

ガードマンとか警察のパトロールは良く見かけますが結構気さくに挨拶をしてくれます。こちらの人も手を振っていますね。パトロールの中では旅行者専門の人たちもいるようで、そういった人たちには大丈夫?どこに行く途中なの?と聞かれます。最初のころにこういった人たちにバスの乗り方を習い、とても助かりました。あと、これはいろいろな人たちからですけれども、カメラとかは街の中ではきちんとしまっておくように!。。と注意を受けました。
blog 057 Peru

公園は20分ほど歩いてもまだまだ続いています。これは歩いてきた方向を振り返った様子です。海岸沿いにかなり遠くまで見えます。
左側にパラグライダー飛行の折り返し地点だった小さく灯台が見えます。
blog 059 Peru

こちらは北向きの景色です。
blog 060 Peru

ではここでパラグライダー・エリアのすぐ南側にあるプラザ・デ・アモールをご紹介します☆
その広場のすみっこにこんなにかわいい売店があります。
コーヒーとかサンドイッチなどがお土産と一緒に売っています♪
blog 280 Peru

こういったタイル張りの塀で囲まれた空間になっています。
blog 281 Peru

公園もきれいになっていて、お花が他の所より多いような気がします。
blog 282 Peru

タイルの塀は近くで見るとこのようになっています☆
blog 283 Peru

以前にもちょっと書きましたが、海岸沿いのわりには高山植物にも思えるような植物が多いです。ストレリッチアなどもあり、かわいいオレンジの花を咲かせていました。
blog 284 Peru

この写真からはリマ滞在の最終日の物です。お天気が晴れています。
そしてこれがちょっとしたランドマークになっている彫刻です。
大型観光バスもよくこの彫刻を見るためにこちらで止まります。
その他には結婚式の日にこの公園を訪れる人たちもいるそうです。運気を上げる効果のためだそうです。
blog 368 Peru

ではここから南の方に海岸沿いに歩いていきます。
景色はこのようで、Larcomarというショッピング・センターに向かっています☆ ほぼ中央にあるのがLarcomarです。
blog 356 Peru

Larcomarに到着です。こちらは地上の高さで、ホテル、カジノがあります。ショッピング街はここから海岸よりの地下1階と2階になります。
blog 358 Peru

こちらがLarcomarのショッピング街です。海岸沿いの景色が良く見えるように設計されています。パラグライダーでこちらまで飛んできたときにはこちらのカフェに座っている人たちに手を振れる。。というような説明がありました。
blog 359 Peru

ペルーのブランドのお店もありますが、主にアメリカ合衆国のモールなどで見かけるようなブランドのお洋服、靴、飲食店が並びます。
ゲーム・センター、映画館もあり、おすし屋さんもありました☆
こちらも警備の人たちが所々にいました。
blog 364 Peru

展望台もあり、皆さんここからの景色を楽しんでいました。
blog 362 Peru

さて、こちらはエリアに帰る途中の景色です。
プラザ・デ・アモールの彫刻の右側にシルエットが見えるのはパラグライダー関係の人たちです。晴れの日は飛べないのですが、まだ待っている人たちがいるようです。
blog 367 Peru

パイロット達が数人立っているところがエリアです。
周りの崖の角度を写したかったのですが、どうでしょうか?
blog 345 Peru

以前にも見ていただきました景色ですが、晴れていると景色が良いです。海岸から細長く出ているのはレストランだと思います。
左のほうに見えるのは恋人達の彫刻です。遠くから見ると彫刻の大きさが改めてわかります。
blog 347 Peru

そして、エリアにイグアナ君登場です☆
最初見たときには驚きましたが、タンデム・パイロットの一人のペットだそうです。このような姿勢でかなり長いことじっとしていました。
その後しばらくはおとなしく飼い主におんぶされていました。
blog 348 Peru

イグアナ君を正面から撮影しようとしたら、ゆっくり歩み寄ってきました。1メートルぐらいの所でこの写真を急いで撮ってPeachは逃げてしまいました。いくらおとなしいから。。と言われても怖いです☆
blog 369 Peru

観客の中にブルドッグ君もいました。
Peachはいつ飛ぶの?と応援に来てくれていたようですが、今回はお天気に恵まれず飛ぶことはできませんでした。それでも久しぶりにグライダーを広げて、地元のパイロット達ともお話ができて、楽しい時間を過ごす事ができました。
blog 293 Peru

他の日はずっと曇りの日々が続いていたので、リマで見る初めての夕焼けでした。すてきですね。
blog 371 Peru

あまりにもきれいなので、太陽が沈む間際にもう一枚撮りました♪
blog 374 Peru

この記事のURL | Travel | CM(2) | TB(1) | ▲ top
ヤンキーズ☆ 松井選手3試合連続ホームラン♪
2007/07/23(Mon)
今日は勢いに乗っているニューヨーク・ヤンキーズのお話です。
金曜日から、土曜日のダブル・ヘッダーを含めて日曜日までの4試合を岩村選手の所属するデビル・レイズと対戦しました。
一試合目はヤンキーズが14対4とひどく負けてしまいましたが、その後の3試合は勝ちました。
最後の試合は21対3で10点入るイニングがあってすごいスコアになりました。バッティング練習のようになってしまいました。

松井選手は土曜日2試合と日曜日の1試合一本ずつホームランを打って大活躍しています☆
それでもホームランの話題は松井選手だけではありません。
まず、アレックス・ロドリゲス選手が498号のホームランを日曜日に打っています。このまま順調にいくと500号までは最年少で到達するようです。しばらく前から、彼の打席はきちんと印が付けてあるボールを使っているようです。 そういったボールを渡されるピッチャーもどのような気持ちなのでしょうか。
もう一人活躍が目立ったのが、シェリー・ダンカンという金曜日からチームにファームから加わった選手です。日曜日にも一試合で2回ホームランを打つなど、活躍していますし、チームを元気付けているような気がします。27歳の選手で弟がカージナルスのチームの選手で、お父さんも他のチームのピッチング・コーチだそうです。

チームの順位ですが、首位のボストン・レッドソックスはまだ7.5ゲーム差でワイルドカード争いではヤンキーズは3位で首位とは6.5ゲーム差です。今月になってから少しずつ追い上げてはいますが、まだまだがんばらないと追いつかないゲーム差です。

Peachも応援のためにもう一度試合を見に行くことにしました。
観戦するのは明日から一週間は敵地での試合になり、その後のヤンキース・スタジアムでの試合は井口選手の所属するホワイト・ソックス戦になります。
今回は以前よりはフィールドに近いお席がとれたので今からとっても楽しみです☆
この記事のURL | SPORTS | CM(2) | TB(1) | ▲ top
Lima♪ Museo de la Nacion☆
2007/07/21(Sat)
ペルー・リマで訪れた博物館のは考古学系のところばかりでした。
そのなかで、Larco Museum以外の博物館のご紹介です。
共通の展示物も多かったのですが、博物館ごとに特徴などをお伝えしたいと思います。

まずはMuseo de la Nacionというリマの中心街から東の方に車ですと10分ほど行ったところです。訪れた中では一番大きな建物でした。
こちらの建物のほぼ三分の一ぐらいが博物館に使われていたと思います。美術館もあるようでしたが、訪れた日は閉まっていました。
手前に走っているのは高速ではないものの大通りです。
blog 187 Peru

子供達がたくさん訪れています。Larco Museumでは見かけませんでした。先生に連れられて来て、ガイドさんのお話を真剣に聞いています。
blog 190 Peru

博物館が大きいということもあり、このような壁いっぱいとか、高さが6メートルほどあるような大きな展示物もありました。
こちらは神話に登場する神様達を描いたものでコの字型になる彫刻の一部です。リマからは南のほうにあたるParacusとIcaのあたりで発見されたそうです。Paracusは後ほどご紹介する予定です。
blog 193 Peru

以前にもご紹介いたしましたチッチャのための陶芸品です。ルクマ(Lucuma)というペルーでとれる果物のデザインです。
アイスクリームなどルクマ味のを食べてみましたけれども、おいしかったです。ちょっとメロンに似た味でした。ルクマ自体はお店に見当たりませんでしたけど、こんな形なんですね。
blog 202 Peru

こちらは神話に登場するキャラクターだと思います。顔は動物で体は人間です。
blog 204 Peru

上のほうが平らな形から見てリマより北のほうで作られたチッチャ容器と言うことだと思います。
blog 205 Peru

織物も陶芸と同様に細かい細工がいっぱいです。
blog 211 Peru

こちらはお皿です。デザインも込み入っていますが、熱いものを入れても手でもてるように断熱効果のある素材を使ってあるそうです。
blog 212 Peru

ビーズ細工もこのように込み入っています。
blog 220 Peru

ミュージッシャンを描いた陶芸品です。ペルーの独特の音色の笛です。
blog 224 Peru

お食事などに使った陶芸品でしょうか。
blog 226 Peru

ちょっとデザインが東洋のものに近いような気もします。
blog 227 Peru

絞り染め?というのでしょうか?TieDyeと呼ばれていますけれども、このような染め方は日本にもあるでしょ。。とガイドさんにもいわれました。
blog 229 Peru

魚釣り用の網もこういった模様がつけられています。魚の収穫を願ってこのような模様をつけるそうです。
blog 230 Peru

こちらの上着でも見られるように織物の技術はすごく発達していたようです。
blog 231 Peru

こういった道具で作られました。
blog 234 Peru

次に二つご紹介するものはYupanaとEquipuと呼ばれていたと思います。
Peachにとってはとても興味深いものでした。
この辺りで発展した文明は文字を使わなかったそうです。なので、文章で記録されているものはないそうです。
ただしこちらの道具は紐の長さ、結び目の位置などでメッセージを組み込むことができたそうです。そして飛脚のような役目の人が例えば他の都市に持って行き情報を伝えたそうです。
使い道はこのように理解されているものの、現時点では実際に組み込まれている情報を解読できる人はいないそうです。ということでどのような情報がやり取りされたのかわからないのが残念です。
blog 238 Peru

こちらはInkaのコンピューターです。堀のある部分にビーズのような小さなものを入れて計算をこなしたそうです。
こういったレベルの高い技術は一般の人たちが皆携わっていたのではなく限られた人たち、多分貴族達の中で代々伝わっていたとされています。
blog 239 Peru

お土産も似たようなデザインでできているバッグがありました。
blog 242 Peru

いろいろ観ると思いますけれども、とってもおしゃれな民族ですよね。
blog 243 Peru

こちらはマチェットという武器です。棒の先にこちらを取り付けてつかうようです。
blog 245 Peru

貴金属の展示品はLarcoMuseumが一番多かったですが、こちらでもいくつかありました。このようなマスクは行事のあるときに王もしくは貴族が使ったそうです。他に口の部分だけ隠れる小さいマスクもありました。そちらは表情がわからなくするためという目的もあったそうです。
blog 246 Peru

お供え物をするときに使った陶芸品です。とうもろこし、ピーナッツなどのデザインもあったそうですが、開けてみると実際にそういったものが中にも入ってるときもあるそうです。
blog 249 Peru

こちらの博物館はペルーの考古学と人類学についての展示をしています。Museo Nacional de Archeologia Antropologia e Hitoria Del Peruです。場所はLarcoMuseumの近くでリマの中心街から西側です。
建物の前には噴水もある、広場になっています。
blog 301 Peru

子供達の団体が長い列を作っています。一般の人たちはすぐに入館できますが、こういった学校から訪れているグループは中で込み合ってしまわないようにこのように少し待っていることもあるようです。
blog 303 Peru

こちらの博物館にもこういった大きな展示物がありました。インカ・スタイルの十字架はこのように普通の十字架より角の数が多いデザインになっています。
blog 307 Peru

ここにもさまざまなチッチャのための陶芸があり、その中の軍人のデザインのものです。
blog 314 Peru

民族同士で和解する時に同じコップから飲みの物をのんで和解を象徴する儀式をしたそうです。そういったときに使うための金属のコップはサイズが大きいものが多いです。
blog 315 Peru

金属で作られている展示物は織物・陶芸品と同じく細かいデザインが多いです。
blog 316 Peru

これもチッチャの入れ物だと思いますが、顔に模様が描かれています。このようなしきたりは王族・貴族のみがしていたそうです。
blog 318 Peru

この博物館は古代文明のものが多いのですが、最後のほうにスペイン人の到来と現代までの歴史についての展示物もありました。
1530年代にペルーに到着したスペイン人です。
現地の民族が鳥を敬う習慣があったので、このように羽をつけて描いて彼の地位の高さを伝えようとしたそうです。
この後、羽が描かれた絵はクスコのキリスト教の教会の中でも見かけました。
blog 320 Peru

こちらは博物館のなかの様子です。四角くこのような通路があり、光は左側の中庭から入ってきています。Larco Museumとは雰囲気がずいぶん違い、ちょっと学校のようでもあります。
blog 323 Peru

この記事のURL | Travel | CM(2) | TB(1) | ▲ top
Lima♪ Mirafloresの街の様子☆ 
2007/07/20(Fri)
リマの町の様子を滞在していたMirafloresというリマの中でもきれいな地域を中心に見ていただきたいと思います。

まず市内の交通について少し書き留めておきます。
乗り物は、市内ではこちらの写真にもあるミクロと呼ばれている小型バスに乗って移動することもありました。
他にも大型のバスもありますが、台数はこちらのサイズのバスのほうが多いです。
一回乗ると0.5から1ソルです。 為替レートは米ドル1で3・2ソルぐらいです。 どのようにお値段が変わるのか理解することはむずかしかったです。
主な大通り・交差点で行きたい目的地と行き先が合うバスを探して乗ります。 たいていは運転手さんのほかにもう一人車掌さんが乗っていて彼らは道で待っているお客さんたちにバスの行き先を大声で伝えたり、その後車内で集金を行っています。 バスの車体の横にも通過する通り・行き先の名前などが書かれていますけれども、必ずしも信用できないそうです。

タクシーの場合メーターがないので乗る前に行き先を行ってお値段を交渉します。 旅行者となるとちょっと高めになってしまいます。
たとえば、空港からミラフローレスまでの運賃を運転手に最初に、いくら?っと聞くと23ドル、ほぼ70ソレスと言われます。
Peachは事前に12ドル40ソレス以上は請求されても払わないように!と聞いていたのですが、どうなっちゃうのでしょう?。。と心配になります。
すると次にはいくらならいいの?という質問をされるので、40ソレス。。というとこの値段で決まる。。というような流れになりました。
このお値段で満足していたのですけれども、その後パラグライダー仲間が交渉してくれた時には25ソレスになりましたので、ありがたい!と同時に驚きました。 タクシーに関しては本当にお値段の分からない世界です。
blog 270 Peru

ドライ・フラワーのお店です。お店の後ろは道路が丸くなっているオーバルで、街の中に多く見かけます。 乗り物に乗っていてもオーバルで降ります。。などの伝え方をして目印になり日本での駅前のような場所になります。Mirafloresのオーバルにはきれいなデパート(なぜか写真は撮ってないみたいです)とか家電店など、大規模なお店がならんでいました。
blog 259 Peru

Mirafloresのオーバルの横には公園があります。パラグライダーのエリアのあった海岸沿いの公園もこちらの公園も本当にお手入れがきれいにされていて驚きます。
blog 260 Peru

こんなかわいいお菓子屋台があります。近くまで行ってみます♪
blog 261 Peru

おいしそうです。こういったお菓子とか、大麦でできたポップコーンに似たようなお菓子はよくみかけました。
blog 263 Peru

記念写真屋さんのようです☆
blog 262 Peru

こちらは靴磨きです。道具を持った人たちが公園に何人かいました。
こういったきれいな公園の中で靴磨きしていただくのも優雅なかんじですね。
blog 264 Peru

素敵な建物は教会だと思います♪
blog 265 Peru

きれいな公園はまだまだ続きます☆
blog 267 Peru

この辺りはおしゃれな飲食店がたくさんあることでも知られています。
こちらはお外でお食事ができるカフェのようです。 外にいる何人かはミュージッシャンでペルーの音楽を演奏していて良い雰囲気です。
blog 268 Peru

子供達のための遊び場があり、治安がよさそうな地域です。
blog 269 Peru

街の繁華街から少しずつ住宅地のほうに移動するとこういった屋台のお店がありました♪
blog 271 Peru

街で見かける乗用車ですが、全体に小型が多かったように思います。そして、古い年代の車もまだたくさん使われています。こちらのフォルクスワーゲンもビンテージものですよね☆
blog 272 Peru

多くの住宅でこういったきちんとした塀とアラームなどが設定されています。
blog 273 Peru

ちくちくです。 こういった警備を設定する必要があるということなのでしょうか。
blog 341 Peru

こういったコンビニのようなお店は住宅街にも良く見かけます。
blog 274 Peru

新しいマンションなどはこのような形が標準的でした。特に海岸沿いなどは多くの建物が建設中でした。
blog 274 Peru

こちらはお店なのですが、不思議なことにお客さんはフェンス越しに商品をお願いしてお買い物をするようです。
最初観たときは閉店間際にお買い物かな。。と想像していたのですけれども、何度か通りかかっても柵を常にこのように閉めた状態でした。
blog 296 Peru

特に人通りの多い道ではありませんが、ニュース・スタンドで雑誌・新聞などが販売されています。
blog 297 Peru

このようなかわいいお家もありました。スペイン風でしょうか?
blog 342 Peru

道にあった木です。公園などでも海岸沿いのわりには高山植物系の植物が多いように思いました。
リマに関してはもう少し海岸沿いの様子などをご報告したいと思っています。その後は地方の様子とクスコ周辺の遺跡などのお話に移って行く予定です。
また観にいらしてください☆
blog 277 Peru

この記事のURL | Travel | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ニューヨークでの水蒸気の爆発
2007/07/19(Thu)
2時間ほど前だと思いますが、ニューヨークのミッドタウン、グランドセントラルの近くで水蒸気の爆発がありました。
10人以上のけが人が病院に運ばれたと報道で伝えられています。怪我がひどくないと良いのですけれども。。
テロ攻撃ではないそうですが、こういった事件があるとニューヨークでは911の事件を思い出しています。
その辺りを走る電車も停止になっているようです。原因などはまだ調査中だそうです。

Peachは大丈夫です。。ということだけお伝えしておきたいと思いました。
すでにご連絡してくださった方達には感謝しています☆

Just to confirm that Peach is unaffected by the steam explosion in Midtown NY tonight. Thanks to everyone who already contacted me to confirm my where abouts.



この記事のURL | Blog | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Lima♪ Market☆
2007/07/18(Wed)
海岸沿いの景色と素敵な邸宅が博物館になったところの写真を観ていただきました。 そこで、Limaはリゾートのようなところなの?。。という質問をいただきました。
リマの市内にもいろいろなところがあります。
今回はLarco博物館から歩いて2分もしないところにたまたま発見したMercado(スペイン語で市場)をご紹介します☆

4車線ほどのバスも走っているしっかりした道に面していて、あの素敵な邸宅の並びです。入り口は細く、建物の道路に面している幅は広くありません。 特ににぎわっている様子もありません。
なぜかちょっとのぞいてみることにしました☆
blog 144 Peru

そしたら、すごく奥行きのある建物でびっくりです。小さなお店がぎっしり並んでいてけっこうにぎわっています。少しずつ中に入っていくと、鶏肉専門店があります。
blog 132 Peru

お肉の専門店です。牛肉とか羊のようです。
blog 135 Peru

飲み物が中心のお店です。
左側の大きなびんに入っている黒っぽい飲み物はチッチャだと思います。
そのほかにもペルーではInkaKolaという黄色い炭酸飲料が人気があります。
blog 137 Peru

雑貨屋さんです。香辛料とかもたくさん売っています。
blog 138 Peru

果物店はいくつかありました。果物の質はとっても良かったです。
ここではおみかんを買いました。あまくて、おいしかったです☆
blog 141 Peru

お魚屋さんです。レモンとかお酢に生のお魚を漬けるお料理を作っていらっしゃるようです。おいしそうですね。
blog 142 Peru

そして、こういった飲食店があります。ペルーではお昼ご飯の方が夜ご飯よりしっかり食べる。。という習慣だそうです。
その日のスペシャルとしてスープと、メインコースはいくつかある中で選ぶことができるメニューが一般的でした。
通りかかると試してみたくなります♪
blog 136 Peru

Peachが頂いたのは七面鳥とポテトの煮込んだものとサラダ。。これでもかなり少なめにお願いしました。
そしてスープもたっぷりいただけるというお食事でした。 お味もおいしかったです☆
3.5ソレスだったと思います。(約3.2ソレスで米ドル1)
おみやげ物のお買い物とか、タクシーなどいろいろな場面でかなりがんばって交渉しないと正当なお値段にならないのに、どうしてこういった飲食店のランチはお値段も決まっていてこんなに良心的なのでしょうか。 考え込んでしまいます。
blog 133 Peru

クリーム・キャラメル!は人気があるようでいろいろなところで見かけました。デザートに最適です☆
blog 140 Peru

滞在していたMirafloresという地域で午前中を中心にこのようなベーカリーの屋台に出会います。快く撮影に応じてくださいました。
このようなお店は町をのどかにしてくれます。
blog 183 Peru

おいしそうなペーストリーが並んでいて迷ってしまいましたけれども、右のほうにある四角い形のペーストリーにしました。
ハムとチーズ入りです☆ 
blog 184 Peru

このような大通りのかどにおしゃれな食材店がありました。
blog 186 Peru

ニューヨークで見かけるようなブランドの食材がほとんどありました。
特にチーズとハムが充実しているように見えました。
blog 185 Peru

博物館でもお話にでてきた飲み物・チッチャです。ここでは冷やして売っていました。甘くておいしいです☆
blog 182 Peru

ケーキのきれいなのには驚きました☆ デザインもお味も両方質が高いです♪
次回はもっとリマの街の様子をご紹介したいと思います☆
blog 178 Peru
この記事のURL | Travel | CM(2) | TB(0) | ▲ top
Lima Peru♪ Larco Museum☆
2007/07/17(Tue)
Larco博物館というリマでも有名な考古学の博物館に行ってきました☆
45,000のつぼなどの陶芸品のほかに貴金属と織物などがとっても充実していました。
Lima中心街からは西側の地域に位置しています。
blog 078 Peru

This is the first museum Peach visited in Lima. Larco Museum is an archeological museum and is very well advertised and known.

昔は邸宅だった建物が現在は博物館になっているので他の考古学の設備とはとっても違った雰囲気です。
塀と門の辺りです。入り口と外には警備の人たちが常にいました。
blog 064 Peru

The building used to be an estate of a family, so it has a nice homely feel compared to a lot of other national museums. There were security guards out in the front gate.

門から中に入るとこのような道が建物の方につながっています。
blog 065 Peru

When you walk into the gate, there is a paved road that leads to the building.

そして、建物もこういった落ち着いた雰囲気でペルーの旗が立っています。
blog 068 Peru

The building looks like this with a Peruvian flag.

こちらの素敵なドアが入り口になります。受付です。
blog 073 Peru

This is a very distingushed looking door, an entrance to the museum.

外にこのような石の彫刻が飾ってあります。
リマでははじめて行く博物館だったので入館する前に、この石だけでも喜んで眺めていました☆
blog 074 Peru

This stone sculpture was displayed just outside the entrance.
Prior to entering the museum, Peach was excited just looking at this sculpture and was examining it for a while from all angles. :)

さて、中に入ってみます。
文化としてはインカがとても有名になっていますが、こういった歴史の博物館では時代と地域によって存在した多数の民族と文化の説明があります。
展示物の陶芸品の多くがチッチャという飲み物を入れておく容器です。
チッチャは黒とうもろこしとお砂糖などを原料にして発酵させた飲み物です。古代の皆さんは水ではなくチッチャを飲んでいたそうです。
いろいろなデザインにより作られた地域と文化がわかったり、その文化の発展もしくは崩壊の過程がわかるそうです。
こういった上のほうが丸みを帯びたデザインは南の方のデザインという説明だったと思います。平たいと北の地域からの陶芸だそうです。
写真はフラッシュを使わなければ映して良いということでいくつか展示物の写真を撮ってみました。
blog 086 Peru

Let's go inside. The Inka culture is very well known and is a kind of a symbol of Peru. However, there are many other cultures that have come and gone in the current Peru over the years and the museum covers much of this vast history.
The museum houses 45 thousand pottery pieces and many of these are Chicha containers. Chicha is a fermented drink (not alcoholic) made of corn, sugar and I think cinammon as well. The ancient people drank this instead of water. The Chicha bottles had characteristic designs depending on the region, era and the culture where the piece was made. These ones are from Southern part of Peru because the nozzle part is quite rounded. The ones from the North would have a flatter nozzle.

こういった道具と塗料を使ったそうです。
blog 082 Peru

These are the equipment used to make the clay pottery. These are quite similar to the equipment used to make pottery today.

型を使って製造する技術もあったようです。
そして、少しでも不完全な製品ができてしまうと捨ててしまったようです。 そういった形跡も発掘されたそうです。
blog 084 Peru

They had technology and know-how to use molds in these times already.

こちらが興味深かったのはいろいろな人種が描かれているからです。
この地域に住んでいた人たちの特徴がわかります。
blog 090 Peru

These pieces were quite interesting because they show different races of people and you can tell which races of people were inhabitants of the area and how the migration of differnt races took place.

こういった陶芸はお墓の中にも祭られたそうです。
他の似た陶芸では一人の人の若いときから年代を超えていくつかの陶芸が用意されていました。
blog 092 Peru

These pottery pieces were also placed graves with Chicha, the sacred drink, so the dead would not feel thirsty in their next life. Sometimes, there were a collection of Chicha pottery for one individual showing their facial figure through several stages of their life as they aged.

大きなチッチャのつぼです。高さは1mはあったと思います。
両側の輪の部分に紐を通して背負うようにして移動する。。と言うことですが、小柄な民族だったはずなのになぜこんなに力があったのか不思議です。
blog 103 Peru

This is a huge Chicha bottle with at least 1m height. They used to carry this using ropes tied to the rings at the side. This is so amazing given that these ancient people had very small build.

少し反射してしまいましたが、羽で作られた衣服です。
貴族の人たちが儀式の時に着た物と思われます。
blog 096 Peru

This is a skirt made of feathre. This was worn by king or nobility at a ceromony.

こちらも儀式などの時に貴族もしくは王様が身につけた金の飾りです。
男性は太陽を象徴する金、そして女性は月を象徴する銀を使ったそうです。こういった貴金属の光で民衆を圧倒するような効果があったと聞きました。
blog 113 Peru

This is an ornament worn by a king or nobility at ceremonies to overpower the crowd with the way these golden pieces would have shone in the sun. The gold was worn by the men to represent sun and the silver pieces were worn by women to represent moon.

こちらは戦うときに身を守る衣服だったと思います。
ポンチョのように着るのでしょうか?重そうです。
blog 115 Peru

This should be an armour.

イアリングだと思います。大きいです。
blog 116 Peru

This was a huge earing.

こちらは埋葬されるミーラにつけられる飾りです。
blog 117 Peru

Ceremonial jewelry pieces that were used on the mummies.

イアリングと鼻のリングの身につけ方です。
あまり身に着けやすいものではなかったはずという説明をうけました。
イアリングは後ろで結んで固定していたようです。
blog 118 Peru

This is an explanation on how the earings and nose rings were worn at the ceremonies. The earing were very heavy and they were tied at the back. The guide said that they could not have been very comfortable.

今回お世話になったガイドさんです。
陶芸品の数が多いためほとんどがこのような棚に保存されています。
こちらで見せていただいた陶芸は、すごくたくさんのデザインがありました。日常的に食べているやさい、魚など、そしていろいろな職業、神話に出てくるような人物もしくは動物など、ひとつずつがチッチャの容器のデザインになっていました。
ただし、このような文化に限っては女性の地位はとても低かったようで女性をテーマにした陶芸品はほんの少し(棚の横幅50cm分だけ)しかありませんでした。
blog 120 Peru

He was Peach's guide. As far as the Chicha bottles were concerned, there were myriads of designs from all kinds of foods like vegetables and fish, all kinds of jobs and activities and mythical figures. I got the impression that the Chicha bottles were a way for the people to express their artistic interests.

展示品の鑑賞が終わるとこちらのガーデン・カフェに出ます。素敵なお庭です☆
小さなお土産屋さんと、宝石店、両方とも高級な感じのお店が並んでいました。
blog 130 Peru

Once we are done with the exploration of the museum, we come out onto a nice little garden with a garden coffee shop. It looks quite peaceful. There was a jewelry store and souvenir shop next to it which were both quite upmarket.

きれいなブーゲンビリアを見ながら訪問を終了いたします♪
歴史と展示物だけではなく、素敵な空間も楽しむことができました☆
blog 131 Peru

This was a museum where besides the archeological artefacts and the history, the atmosphere of an estate could be enjoyed.
There is a huge bougenvillia along the wall to greet you good bye.
この記事のURL | Travel | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ペルーへの旅♪ まずはリマでパラグライダー!☆
2007/07/16(Mon)
リマまではニューヨークを深夜に出発して早朝到着する飛行機で着きました。
フライト時間は7時間ちょっとです。
到着後、午前中はゆっくりしていましたけれども、自宅を出発した18時間後にはグライダーを広げていました~☆
午後2時ごろから風が良くなるエリアなのでそのころから。。ということでしたけれども、そうでなければもっと早くから活動してたかもしれません!

最近本当にグラウンド・ハンドリングとかカイトのような感じのことがしたかったのですごくわくわく!でした♪
パラグライダー広げるのは本当に久しぶりでしたけれども、海岸のまっすぐな風で結構楽しくグラウンド・ハンドリングの練習をすることができました。
グライダーがちょっと傾いた時も、ブレーキと体重移動をしたりすることでちょこちょこ修正したりするのも新鮮で、こんなに楽しいんだ。。と実感していました~♪

ではここでエリアのご紹介です。
リマは海岸沿いの都市で空港は町の北のほうにあります。 そこから町の中心は南東の方向に車で30分ぐらいのところです。
中心街は海沿いではなくちょっと内陸になります。そこから南西の方向にMirafloresという地域がありこちらは環境のよい地域となり海岸沿いの本当にとってもきれいな公園の一部がパラグライダーの練習ができたり、離陸するところ(T/O)になっています。

海岸沿いで、地形などはSan DiegoのTorrePinesを思い出させられるような設定です。 ビーチからT/Oの高さなども似ています。
こちらの公園は5年ほど前に造られたそうですが、地元の方たちに聞いたところその前は芝などはなく空き地だったり、簡単なサッカー場だったそうです。
Mirafloresには他にもいくつかランドマークがありご紹介したいと思いますけれども、今回はパラグライダーのことについてのお話です。

My vacation in Peru! Wow!
It started with a direct flight from NY close to midnight. The flight to Lima takes a bit over 7 hours and arrive around 7am.

At the airport in Lima, there were so many people offerring me taxi rides with various prices that it was a good thing that my friend informed me about the exact taxi price to the hotel that I was going to. Peach scrambled through the crowds to find a taxi taht was willing to accept this price.

Once at the hotel, she took a nice little break in the morning and in the afternoon, exactly 18 hours after leaving home Peach has the glider open and practising ground handling.

It's been more than a year since I had opened my glider so it was so refreshing playing kites with it and feeling the wind.

The flight area that Peach visited is in Miraflores area which is along the coast, about 45 minutes drive south from the airport. This is a very nice part of town and it sits in a beautifully manicured park that was established about 5 years ago. Before then according to the locals the coastal area was just open area with soccer field etc. No lawn but just grounds. The paraglider launch and landing zones are on the same stretch of land and above a cliff over a beach, pretty similar to how the Torre Pines is set in San Diego. It' s really beautiful. You may notice that all these pictures are in a cloudy weather, but this is normal apparently and the weather stays this way from May to November over their winter. Yes they are 13degrees South of equator. There are other nice little landmarks in Miraflores area which will be mentioned in the subsequent episodes of Peach's blog. So please stay tuned and enjoy the pictures!

まずはトップラン(離陸したところに戻って着陸する)をする設定なので、T/OとL/Z(着陸するところ)が同じ場所です。
T/Oから南側の海岸沿いはこのような景色です。曇っていますが、この日だけではなく5月から11月まではほとんどこのようなお天気だそうです。深夜と午前中は少し雨が降ったりする日もありました。
blog 004 Peru

This is the view South of the landing zone. Beautiful coast line as you can see. Further along just behind the building there is a posh shopping center called Larcomar. We will show a nice picture of this area in one of the subsequent episodes.

同じ方向で海岸沿いを観るとこのようなサーフィングのビーチになっています。テニスコートもクレー・コートなのが見えますでしょうか? テニスコートの横の旗も風向きと風速を見るために使っているそうです。
blog 008 Peru

Looking in the same direction, the south, but looking down onto the beach area. This is a surfing beach and notice the tennis court has clay surface.

T/Oのすぐ下の海岸沿いはこのようになっています。
blog 030 Peru

From the landing zone, looking straight towards the ocean. Again the surfing beach.

北側の海岸はこのような景色です。ちょっと小さく見える灯台のところでリフトがありそこで折り返すというのが標準的な飛び方だそうです。
南側の折り返し地点はは先ほどの南側の写真からもう少し南側に行った所にあるLarcomarというショッピング街だそうです。
このショッピング街もとっても素敵なので後ほどご紹介いたいと思います☆
blog 010 Peru

This picture is looking northwards. The paraglider's normal course would be to fly along the coast and turn around at the light house where there is an upward current of wind so they will not lose altitude while making a turn to return to the landing zone.

そして気になる風ですが、こんな感じです。よさそうです~☆
blog 029 Peru

The wind.. yes both the wind direction and the speed looks great for flying!

T/O周りには低い壁があり、壁沿いに観客?の人たちが集まります♪
ハング・グライダーの人が写っていますが、このエリアは基本的にはパラグライダー専用だそうです。この日も風待ちしていてハングのフライトは見られませんでした。
blog 005 Peru

There is the edge of the landing zone where spectators gather to watch the pilots. There is a hanglider person on the picture, but this is supposed to be an area only for paragliders.

このエリアでは10人ほどのタンデム・パイロットが乗客を乗せて次々フライトをします。1回25ドルだそうです。お天気に恵まれる日は一日に100人も乗客を乗せることもあるそうです。
T/Oするところです。
blog 012 Peru

Tandem pilot with a client about to launch. The rides are $25.

T/Oするとまずは右のほうに行きます。
blog 013 Peru

Once they launch they first go to the right along the coast.

もちろんソロのパイロット達も飛んでいます☆
Peachも早く飛びたいなって思っていたころですけれども、この日はグラハンの練習して、用意が整った時には風の風速が足りなくなってしまいました。
blog 014 Peru

There are solo pilots as well.

タンデムの乗客の人がこちらにカメラを向けているような?。。皆さん楽しんでいます。
blog 018 Peru

タンデムの人たちも無事着陸です。
blog 017 Peru

Tandem landing.

ではここのエリアのアイドルをご紹介します。
今回出会ったのはこの小柄な活発なわんくんです。
かわいいだけではなく特技があります☆
blog 027 Peru

One of the pets visiting this area.
The little adorable muffin here was not only cute but he had a great talent!
Please watch him. He is holding steady while waiting for his favourite toy to be thrown down a steep hill.

ここから彼の好きなボールを急な坂に投げると弾丸のように出発します!
blog 026 Peru

He takes off like a bullet.

すばやく!ボールを捜しているところです♪ 真剣です。
blog 028 Peru

Chases down this little toy ball.

見つかりました!☆ 今度は坂を一目散に駆け上がってきます~♪
彼は走ると耳が跳ね上がってしまいます。
そんなところがますますかわいくて☆すごい人気者です♪
blog 025 Peru

And he rushes up the hill like so..and look at the ears flying up! What a ball of energy.
この記事のURL | Travel | CM(6) | TB(0) | ▲ top
ペルーから帰ってきました~☆
2007/07/13(Fri)
とっても良い旅でした。 
全体的には治安はあまりよくない国とされていますけれども、いろいろな方たちにお世話になりながら おかげさまで無事帰宅することができました♪
ニューヨークの空港での入国手続きでいつもと同じような手続きをして、会話の最後に”Welcome Back!” (お帰りなさい~♪)と言われたのはなぜかうれしかったです☆
あまり忙しくないスケジュールで、ゆっくりした旅がしたいなっと思って出発したわりには毎日書き留めていたノートがいっぱいになっています。
これから少しずつ楽しかった旅の思い出、遺跡の話、ペルーのパラグライダー事情などを含めてご報告していきたいと思います。
この記事のURL | Travel | CM(5) | TB(0) | ▲ top
Brighton Beach☆ 到着です♪
2007/07/13(Fri)
こちらは夏休みに行く前のことですけれども、今になっての公開です。

コニー・アイランドからブライトン・ビーチまでのお散歩をした時のブライトン・ビーチ辺りの様子です。
ブライトンビーチの海岸沿いにはこういったカフェが並んでいます。
このようなところでお食事でもしたら目の前がビーチで気持ちがよさそうです☆
233 jun

この辺りはロシア系の人々が多い地域です。メニューなどもロシア語になっていたり、見るからにロシアのカフェです。周りの人たちのお話もロシア語が聞こえてきます。
234 jun

ボード・ウォークの脇には木が多くなっています。こちらは桑の木です。木陰で休んでいる人たちもいます。 環境が良いのでこちらで引退後の生活をしている人たちも多いようです。
235 jun

新しい高級なマンションです。きれいなお庭にプールがあるようです。
広々としたお庭も芝のお手入れがきれいにされています♪
マンハッタンの中ではこんなにお庭があるアパートはまずないです。
237 jun

こういったアパートの立ち並ぶ道を通り抜けていくと電車の駅もある繁華街に出ます。
238 jun

こちらは薬局のようですけれども、表示が主にロシア文字になっています。
240 jun

デリカテセン・食材店でもロシア料理がならびます。こちらの四角いお料理はクレープ?でお肉・チキンなどをくるんだお料理です。
241 jun

たくさんのオリーブと並んで一番遠くに赤く見えるのはイクラです。
赤のキャビア言う名前で売っています。こちらの量り売り以外にも缶詰、瓶詰めもロシアで見たのと同じように売られています。
242 jun

お店の前にこのようにペーストリーを売っています。おいしそうなので覘いてみました♪
243 jun

やっぱりピロシキがあります☆
244 jun

駅の近くのにぎやかな通りにはこのような飲食店がいくつかありました。キャビア、お魚なども売っているようで、表示はこのお店もロシア文字です。
248 jun

メニューの看板もロシア文字のみで英語の表示はありません。裏側も確認しましたけれども同じようになっていました。
249 jun

この辺りの町の建物の様子はこのように古い建物も多い中にも左の隅に見えるような新しいアパートのビルがあったりするのが印象に残っています。 建物などの様子はやはりニューヨークということであまりロシアの雰囲気ではないですけれども、お店の店員さん達はロシアの特別な雰囲気を持っている人たちがいらっしゃいました♪
251 jun

この記事のURL | New York☆ | CM(1) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。