--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Red Sox☆ おめでとうございます♪
2007/10/29(Mon)
レッドソックス4連勝でのワールド・シリーズ勝利すごかったですね。
今年は彼らはほぼ一年を通して強かった印象を受けました。
コロラド・ロッキーズはシーズン最後のほうですごい勢いでした。最後の14試合で6ゲーム差を追いついてワイルド・カードを勝ち取ったということだったと思います。
そして、ナショナル・リーグチャンピオンになるまでポスト・シーズンでも7連勝だったと思います。

反対に迷走気味なのがニューヨーク・ヤンキーズです。
オーナーが息子達に主導権を渡したのが原因のひとつでもあるのでしょうか?
トーリ監督の後任が決まる前に今年もMVPになるといわれているアレックス・ロドリゲス選手がオプションの行使をしてしまいましたので、フリーエージェントになってしまうようです。
他にチームの軸となる選手3人(キャッチャー・クローザー・ピッチャー)がフリーエージェントもしくはプレーヤーズ・オプションを持っています。
新しい監督によっては彼らもFA宣言もしくは引退する可能性があるそうです。
彼らが全員いなくなってしまうとどうなってしまうのでしょうか?

来年のヤンキーズのことも心配ですけれども、今日はレッドソックスを祝福して終わりたいと思います。
この記事のURL | SPORTS | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Cusco Peru☆ Sacred Valley♪Pisac
2007/10/29(Mon)
まだペルーのお話が続きます。
クスコ市内から外に出て、マチュピチュの方向に行くとSacredValleyといわれている地域があります。直訳すると神聖な谷ということで、インカ時代からこの辺りでは農業が盛んでした。

とても大きい地域なのですが、このような風景が典型的でした。
写真では見えるか分かりませんが、右側の山肌のかなり高い所まで段々の農地が出来ています。こちらもインカ時代からこのように開拓されて使われていたようです。 天然林が比較的少ないです。
この辺りは海抜3000mぐらいですが、昔から高さによって適した農産物が分かっていたそうです。
ネパールでも同じ高度のところでは同じような農作物が作られていたのを思い出しました。
この辺り、パラグライダーで飛んでも気持ちがよさそうです。
blog 603 peru

谷の中には民家がならび、村が出来ています♪
blog 602 peru

車を止めて景色を眺めるスペースなどではこのようなかわいいお土産のお店が用意されています。
blog 601 peru

この日はPisacという街に行きました。Pisacはマーケットで昔から今でも物々交換で取引がされているそうです。  
まずは入り口近くのパン屋さんでいきなり焼きたてのパンをご馳走になってしまいました♪
胚芽?も入っているようで、朝ごはんにも毎日食べて気に入っていましたのでご紹介するのがうれしいです。
この辺りではよく見かけるパンです。 一見ピタのようですが、中が袋になっているのではありません。 
blog 605 peru

このようなかわいいお出迎えです。
blog 608 peru

ではマーケットに入ってみます。
日常的な市場が見たかったのですが、なぜか旅行者向けのところに入り込んでしまいました。
この写真を見て思い出したのですが、この日は1年間旅行をしている女性に出会いました。
イギリス人の方でロンドンから旅を始めて、アフリカ、アジア、オーストラリアを回って南米を旅しているところでした。
あと6週間でロンドンに帰るところと言っていましたが、1年近くの間1度も帰りたいと感じなかったそうでした。
彼女はMendozaというアルゼンチンのアコンカグアの近くの町でパラグライダーのタンデムで飛んできたと言っていました。
blog 615 peru

お土産品の定番はアルパカのニットです。
前にペルーに来たのは12年ほど前なので、そのころに比べるとデザインもかわいくなっています。
blog 612 peru

カラフルなお土産、インカ時代のシンボルを使ったお土産がたくさんあります。
blog 613 peru

ニット、クリスタルなどいろいろあります。
blog 616 peru

この辺りのクリスタルとインカスタイルのビーズなどをこちらのお店で買ってきました。
楽しいマーケットめぐりでした♪
blog 617 peru
この記事のURL | Travel | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Rugby World Cup☆ Springboks優勝です♪
2007/10/21(Sun)
南アフリカのラグビーチーム・Springboks、2007年ワールドカップ優勝おめでとうございます!♪
今回は6度目のラグビー・ワールドカップで、フランスで開催されていました。
決勝は前回優勝したEnglandとの試合でスコアは15-6で1度もトライのない試合で接戦でした。

ラグビーは南半球の国、ニュージーランド、オーストラリア、南アフリカが強豪国とされていましたが、今回のワールドカップではニュージーランドとオーストラリアは準々決勝で負けてしまいました。たぶん他のチームが力をつけてきているのだと思います。
例えば、アルゼンチン代表チームの選手達のなかではフランスリーグでプレーする選手が増えてチームが強くなってきて3位になりました。 フィジーも人数が減っている状態でもトライを決めてとてもよいチームでしたね。

南アフリカの代表チームは1995年の自国開催のワールドカップにも優勝していますがその後成績が低迷していた時期もあったので今回は本当によかったです☆

次回は4年後にニュージーランドで開催です。連勝してもらいたいですね☆

ニューヨークでは皆さんラグビーにはあまり関心がないようで、報道にもなかなか話題になっていません。 最近スポーツ番組で1番時間が使われているのがシーズンが始まったばかりのアメリカンフットボールだと思います。
そしてヤンキーズの監督は来年誰になるのでしょうか?
この記事のURL | SPORTS | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Cusco Peru☆ クスコ周辺の遺跡♪新世界七不思議!
2007/10/16(Tue)
まだまだ遺跡のお話が続きます。
クスコ周辺の遺跡として2箇所ご紹介したいと思います。

1箇所目はSazsaywamanという本当に大規模な遺跡で、この辺りの遺跡ひとつだけしか行かないのであれば、こちらがお勧めというところです。
インカ帝国は1400年代の中ごろから1500年代までが一番栄えていたとされていますが、1530年代にスペイン軍の到来にも影響され状況がずいぶん変わってしまいます。
こちらサクセイワマンとは、インカ帝国の軍備の中心とされています。そして、この土地に進入してきたスペイン軍と最初に戦った場所と言われています。
スペイン軍200人ほどの少人数でインカ軍1万人以上に勝利したと言う説もありますが、スペイン軍側に日ごろインカ帝国から圧力を受けていた民族が加わり、そのころ始まっていたインカ帝国内での内部紛争にも後押しされてスペイン軍が勝利することが出来たという説も聞きました。

では遺跡の写真をご紹介します。とても広々した遺跡です。
こちらの丘はRodaderoと呼ばれ、もともとは3つの塔が上に立っていたそうです。見晴らしの良い場所に王座があり、周りには兵士5000人部の食料と宿舎があったそうです。
手前の平地ではお祭りなどが行われれたそうです。
blog 533 peru

平らな土地、を挟んで、ジグザグに作られた壁があります。
こちらがすごいのです。
blog 537 peru

巨大な岩が規則正しく並べられています。
インカ軍の防衛のためにも使われていたそうです。 そして、大きく大地に描かれたピューマの歯の部分と言う説明も受けました。
blog 538 peru

スペイン軍はこの壁を見たときにインカ民族の高度な建設技術に驚き、この民族の王を倒さなくてはいけないと決心したそうです。
blog 539 peru

ガイドさんが教えてくださっているのが、一番大きい岩です。450トンほどと言っていたと思います。こちらの地域に移動してきた岩もあれば、もともとあった岩をそのまま使ったりもしたそうです。
blog 540 peru

丁寧に入り口も作ってあります。
blog 544 peru

上の部分の岩は裏・左側から見るとひとつなのですが、右(表)側の面を見ると2つの岩に見えるように横向きに線が刻まれています。
このような細かいきれいに見える細工まで入れて本当にすごいと思いました。
blog 545 peru

本当に大規模な遺跡ですが現在ではもともとの20%ほどしか残っていないそうです。
遠くに中央に見えるのが、キリストの像です。ブラジルのリオ・デ・ジャネイロにある像のレプリカだそうです。
blog 546 peru

ラマを連れた民族衣装を着た女の子達に出会いました♪
blog 550 peru

次はTambomachay,タンボマケィという水の神話のある遺跡です。
クスコから更に400m以上標高が高くなっている丘にあります。
blog 559 peru

こちらにある現在でも使われている湧き水です。
黄色い民族衣装の男性がいました。
blog 553 peru

こちらを起点としてマチュピチュまで飛脚が走って行ったそうです。聞いてみると40キロを2時間半ぐらいでとても早いスピードです。
アンデスの民族はマラソンが得意なことでも知られています。
blog 555 peru

この辺りから見える山脈のきれいなこと!このようなところをトレッキングしたい!っと思いました♪
blog 562 peru

そして、クスコへの帰り道に撮ったクスコの街の写真です。
よかったら、ダブルクリックをして拡大して観てみてください。
blog 571 peru

さて、クスコの街に戻ると、新世界七不思議にクスコ・マチュピチュが選ばれた!ということで祝賀会が始まっていました☆
中央に掲げられているのはインカ帝国の四つの部分を表すTahuatinsuyoの旗です。
blog 576 peru

Plaza de Armas・中央広場は夜遅くまで旅行者達も地元の人たちも喜びを分かち合い、とってもにぎやかでした。
クスコ・マチュピチュ、おめでとうございます☆
Peachはちょうど翌朝からマチュピチュに向かう予定でした♪
blog 577 peru

この記事のURL | Travel | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Cusco Peru☆ Qorikancha
2007/10/15(Mon)
クスコの街の中にコリカンチャもしくはCovento De Santo Domingo Del Cuscoと呼ばれるもともとはインカ文明でのお寺で、その後キリスト教の教会になった建物あります。
インカ文明と1530年代から到着したスペイン文化がぶつかり合ったことを語る建物です。
クスコで一番大切な歴史建造物とされていますが、インカ時代にあった建物と、金・銀など貴金属で出来た彫刻などはすべて占領軍に取り去られてしまった跡地、ということで寂しい印象を受ける場所でもあります。
そして、1650と1950の2回の地震で教会は建て直しが必要となり、1986の3回目の地震で教会はもう一度破損したそうですが、インカ時代から使われている壁などはほとんど地震の影響を受けなかったようです。

いくつか写真をご紹介したいと思います。
中に入るとこのような四角い空間の中庭があり、スペイン風です。
blog 524 peru

金属の素材の展示物はこちらのみだったと思います。
blog 525 peru

こちらが上の彫刻の説明ですが、ペルーの文化からの視点で描かれている世界です。
たとえば、太陽、月、大地、プーマ、王と女王などが描かれていていますが、こちらのシンボルはマチュピチュの遺跡でのシンボルとも共通するものがあり、後からもとても参考になりました。
blog 526 peru

建物からお庭の方を観るとこのように遠くまで見渡すことができます。
王・貴族がこちらからお祭りなどを観たり、見張りのためにこのような見晴らしの良いつくりにしたそうです。
インカ時代にはお庭には金で作られたいろいろな動物の彫刻が置いてあったそうです。
コリカンチャとは黄金のお庭(GoldenCourtyard)という意味だそうですが、本当に貴金属が多く使われていたそうです。
blog 528 peru

建物の中央にある中庭の周りには通路があり、その周りにはいろいろなお部屋・インカ時代にはお寺がありました。
インカ時代の建設物はほとんど隠されるように造られていますが、このような構造になっています。
石がすべて完璧にかみ合うように壁が出来ています。建設に使われている岩よりも硬いMeteorite、見せていただいたのはとうもろこしのような形の物でしたが、そちらを使って形を作ったそうです。すごい建設技術です。
3つの窓はお供え物を置くようになっています。チッチャ、血、水だったりしたそうです。
blog 532 peru

この教会は私達が見に行った日はとても混んでいてきちんと撮影できませんでした。
ここからの写真は次の日の早朝にもう一度行って外観だけ撮ったものです。
このように外から見る限りは普通の教会です。インカのお寺だったことは分からなくなっています。
入り口はバスが止まっているちょっと先になります。
blog 591 peru

こちらは建物から何段かあってお庭につながっている様子です。
(上の4番目の写真のお庭です。)
blog 592 peru

入り口ですが、まだ静かです。
blog 593 peru

入り口の横にこのような塔があります。
blog 594 peru

ドアがとても素敵なんです。
blog 595 peru

ペルー風の十字架です。
blog 596 peru

この記事のURL | Travel | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Cuzco Peru☆ おさんぽです♪
2007/10/15(Mon)
クスコの街をお散歩したときの写真をご紹介したいと思います。
写真では静かな街。。という印象を受けると思いますが、プラザ・デ・アーマスの反対側にはもっとにぎやかな商店街がありました。
今回歩いたのは街の静かな地域です。

ではこのような細い道を歩き始めます。昔ながらの石(CobbleStone)で舗装された道で車は一台しか通れません。
blog 472 peru

リマでもそうでしたが、ケーキはとてもきれいに出来ています。
そして、おいしいです。
blog 469 peru

ケーキ屋さんの見張り番です。 ここの街の犬達はとてもおとなしいです。
blog 470 peru

小さい食材店です。 お野菜とか、果物も売っています。
blog 471 peru

子供達も歓迎してくれています。
blog 477 peru

いくつかこのようなテーラーのお店もありました。
blog 518 peru

スペイン風の建物のある街角を曲がって、丘に登っていきます。
blog 480 peru

時々見える空は目がちかちかするぐらい とっても鮮やかな青い色です。
blog 481 peru

細い道が続きます。ここの道には水路が付いていますがこちらはインカ時代の典型的な設計です。 街を造る時にはまず最初に水を確保したそうです。
blog 482 peru

時々民族衣装を着た人たちを見かけます。
blog 486 peru

このようなミネラルの産地ですが、このように道路わきでこのようにして売っているのはめずらしいです。
化石もいくつか混じっているようですね。
blog 485 peru

こちらの女性は民芸品を作っているようです。
blog 492 peru

まだまだ階段を上ってきます。標高が高い所に来てまだ2日目なのでゆっくり行きます。
blog 493 peru

丘の上のほうまで民家が立ち並んでいます。
blog 498 peru

教会の外にいたラマくんです。
blog 503 peru

今回のお散歩で行った一番高いところからの写真です。素敵なクスコの街です。
ここからは少しずつ降りていきます。
blog 506 peru

降りてくる途中にあった静かな飲食店です。
blog 507 peru

プラザ・デ・アーマの教会の一部と、何度見ても感動する空です。
blog 510 peru

プラザ・デ・アーマ・中央広場につながる道です。
この辺りは旅行者向けのお店、そして本当にたくさんの旅行会社が立ち並びます。左側に見えるのもツアーの宣伝です。
blog 511 peru

中央広場に帰ると、コンサートが始まってました。クスコ・マチュピチュも候補になっている新世界七不思議の発表が近づいています。
blog 512 peru

Peachはペルーの果物・Lucumaのアイスクリームを食べて休憩します。
これでお散歩は終了です。
blog 515 peru


この記事のURL | Travel | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Cuzco Peru☆ Plaza de Armas, La Catedral
2007/10/12(Fri)
ペルー旅行で訪れたクスコについて語りたいと思います♪

なぜか標高2600mぐらいかな?っと思っていましたが、後で確認したところ3300mぐらいでした。
リマからは飛行機で一時間ちょっとで到着です。
ホテルに着くとまずはコッカ茶を頂きました。
この辺りは標高になれるようにとこの種類のお茶を飲むそうです。どのような効果があるのかはよく分かりません。 このように乾燥した葉っぱにお湯を注ぐだけにしては結構味のあるお茶でした。 お砂糖を入れるのが一般的な飲み方のようでした。
blog 434 peru

そして、街の方に歩いてみることにしました。
クスコはいつも晴れていると言った人がいましたが、この日もすごい青い空でした。
山、壁とのコントラストが印象的でした。
blog 438 peru

だんだん中心街に近づくとにぎやかで大通りになってきました。
こちらではリマほど車の排気ガスも気になりません。
blog 439 peru

このころは日本の報道なども見かけました。
blog 441 peru

商店街です。
blog 451 peru

中心広場の近くまで行くとこのように民芸品などを売っている女性達と、ラマなどに出会います。
blog 442 peru

Plaza de Armasと呼ばれている中心広場に到着です。まず目立ったのがこちらの教会(Iglesia de La Compania de Jesus)でした。
blog 447 peru

公園の中心には噴水です。
blog 449 peru

公園の周りには飲食店、ホテルなどがあります。
blog 448 peru

こちらの教会、La Catedralは後日中を見学させていただきましたが、本当にすばらしい美術品と教会の大きさで驚きました。南米で一番古い教会と説明をしていらしたと思います。
リマでも見たように現地の他の宗教の信者が受け入れやすい形になったキリスト教の彫刻、版画などが目立ちました。 このようななんとも言えない空間に入ると時間が立つのが本当に早いです。
室内はやはり撮影禁止でした。ブログでは外観のみを見ていただくことになるのが残念です。

写真の右の方に大きなお人形があります。こちらはマチュピチュ・クスコが世界の七不思議に認定されるための活動の一部でした。他にも投票を呼びかけるバナーがあちこちで見かけられました。結果の発表はPeachがクスコに到着した次の日!にポルトガルでということになっていました。
blog 450 peru
この記事のURL | Travel | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Squirrels@City Hall♪
2007/10/08(Mon)
街の中でリス達に遭遇して驚きました☆ 野生だと思います。
場所は地下鉄の駅で言うとCityHallの近くで州政府の建物がたくさん立ち並ぶあたりです。
中華街にも近くブルックリン・ブリッジへの入り口付近の交通量も多い辺りです。
こちらの場所では中央より少し右にある赤いオブジェを目印にしていただきますと、その反対側から撮った写真がこちらの5月23日の記事にも載っていました。
さらに、ブルックリン・ブリッジのことについてはこちらの5月25日にも書いてありましたので、よかったご覧ください。

そして、リスですが、中央にある木の1メートルほど右側に立ち上がっています☆
blog 094 sep

こちらは少し歩み寄って姿を撮ってみましたが、驚かせないようにフラッシュを使わなかったのでちょっと写真が暗いですね。
絵に描いたような典型的なリスとしっぽの形です。
こんなところで食べるものとか苦労しないで見つかるのでしょうか? 
ちょっと心配です。
blog 092 sep

この記事のURL | New York☆ | CM(1) | TB(0) | ▲ top
Oyster Festival♪
2007/10/08(Mon)
先週末、通りかかった道がこのように混雑してました。
何が行われているのか見てみることにしました。
blog 134 sep

ちょっとしたレストラン街にこのようなスタンドが二箇所にありました。
緑にシャツの人たちはスタッフ!達です。
写真は午前中に混雑する前に撮りましたが、この後すごいことになっていました。
blog 137 sep

何を用意してくださっているのかと見てみると牡蠣!でした♪
スタッフの方たち競争のような速さで働いています。
blog 136 sep

出来上がりです。
ビールと一緒にどうぞ☆
blog 135 sep
この記事のURL | New York☆ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Halloween☆の用意♪
2007/10/07(Sun)
秋ですね。
今年の収穫を祝う季節になっています。
クリーブランドに行ったときにもいろいろな町の紹介に秋の収穫を祝うお祭り?の紹介がいくつかあることに気が付きました。

郊外では普通のお店の中にも季節にちなんだ展示がされています。
写真では分かりにくいですが、直径40cmぐらいの大きいものが多かったです。
かぼちゃですね。。もちろん。
blog 131 sep

このようにきれいに仕上げられるとHalloweenの飾り物になります♪
blog 133 sep

前列にはいろいろな表情のかぼちゃたち、そして、黒いとうもろこし、さまざまな種類のかぼちゃと一緒に並ぶとにぎやかです☆
ハロウィーンは10月の終わりですが、それまでこのような楽しい展示が楽しめそうです♪
blog 132 sep

この記事のURL | Blog | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Cleveland☆ 大リーグ球場Jacobs Field♪です。
2007/10/04(Thu)
メジャー・リーグのプレーオフは昨日から開催されています。
今回アメリカン・リーグのプレーオフをヤンキーズが戦うのはCleveland・Indiansでこのシリーズは明日からの日程になっています。
こちらのクリーブランドのチームはトライブ(Tribe)とも呼ばれています。
トライブの本拠地・JacobsFieldを一週間以上前になりますが訪れてみましたので、ご紹介したいと思います。
彼らのアメリカン・リーグ中部地区優勝を決めた日でもありまして、とてもラッキーでした。

場所はクリーブランドのきれいなダウンタウンの中にあります。
看板はこのようになっていてすべてがモダンなデザインになっています。
blog 102 sep

球場の入り口の辺りです。いつ建てられたのか分かりませんが、とても新しいのではないかと思います。外からでも球場のかなりの部分が見えるような造りになっています。これは外からは何も見えなくなっている構造のヤンキーズスタジアムとはずいぶん違うと思いました。
このようなオープンな造りはとてもよい雰囲気だと思いました。
blog 101 sep

NYではまったく知りませんでしたが、クリーブランド辺りのテレビでもこのT-シャツのことが取材されていました。
球場のスタッフがこのような「トライブの時が来た!」と言うような意味のロゴのシャツを着ていたところ、ファン達から販売してほしいという意見が多かったそうで今かなり人気があるようになったそうです。
この方も混雑した球場内でお仕事中に快く写真撮影に応じてくださいました。ありがとうございます。
blog 103 sep

では球場に入り、お席に向かって行きます。
かなり上の方の席になったのですが、そちらに上るまでほとんどずっと球場の外がよく見えるようになっていました。こちらもオープンな造りになっていてすてきです。
街の眺めです。 工業地区が見ているのでしょうか。
blog 105 sep

お土産店も試合が始まってしまった直後だったので込んでいません。
トライブチームはあまりスター選手がいないのが特徴でヤンキーズの場合もうすでに有名な選手が入団することもおおいので対照的だとこれまでは思っていました。
こちらに観に来て、球団の方針の違いのようなものを感じました。
というのは、ヤンキーズの場合比較的新しい2~3年目の選手でも先発入りすると彼らのシャツなどグッズが幅広く売られて球団の後押しもあって有名になっていくような印象を受けます。
トライブのシャツなどで選手の背番号が付いたりしているものは少なかったです。
blog 107 sep

地区優勝を決める可能性のある日なのでお席は完売かな?と思いましたけれども、券は当日に買うことができました。あまり残っていなかったので、アッパーデッキの一塁よりになりました。
眺めはこのように球場だけでなく街のようすがよく見えます☆
スクリーンには相手チームオークランドのマイク・ピアッザ選手が紹介を受けているところです。彼はオークランド・アスレチックスに移籍する前はNYメッツでプレーしていました。
blog 108 sep

右のほうはこのように見えました。ブルペンはこちらのほうにありました。
スタンドが続きます。時々ウェイブが来るので周りの人とたちと一緒に立ち上がってバンザイをしてすぐにまた座ります。
Indiansの応援にしっかり参加しました☆
blog 110 sep

インディアンズのダグアウトと打席の辺りです。
ホーム・プレートの後ろにはIndiansのロゴが芝に刻まれています。
blog 111 sep

こちらの球場の中段の部分はスイート・ルーム?のような感じになっていてそちらのベランダから試合を見るような造りになっていました。
そして、写真のほぼ中央の三塁側の中段の辺りはレストランになっていてお食事をしながら試合が見られるようになっていました。
いろいろよく考えて造られていました。
2009年から使われる新ヤンキーズスタジアムもお席の種類が増えるらしいですけれども、今から楽しみになってきました。
blog 112 sep

Indiansが試合に勝って、祝福が始まったところです。あの”IT'S TRIBE TIME NOW"というスローガンが映し出されています。
blog 115 sep

そして、中部地区チャンピオンのロゴです。スクリーンの一番上の端っこには地区優勝の旗が掲げられました。おめでとうございます☆
Indiansのファンの方、Peachにもお隣から何度も望遠鏡を貸してくださったりしてとてもゆったりした人たちが多かったように思います。
明日からのYankees対Indiansのシリーズが楽しみです♪
blog 117 sep
この記事のURL | New York☆ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
MLB: ナショナル・リーグはシーズン最終日まで混戦です☆
2007/10/01(Mon)
大リーグのナショナルリーグですが、今年は162試合あるシーズンの最後の試合までプレーオフ進出をかけて戦うことになりました。
4チームがプレーオフに参加できる中で2チームはもうすでに進出が決まっています。
シカゴカブスが中部地区のチャンピオンとしてと、アリゾナダイアモンドバックスが西部地区のチャンピオンとしてプレーオフにいきます。

残りの2チームの枠を取得するのはまだ4チームに可能性があります。
今日の試合の勝敗によってどのように2チームが選ばれる、もしくは追加の試合をすることになる、という説明がありましたが、とても複雑でした。

戦っている4チームは、ニューヨークメッツ、フィラデルフィア・フィリーズ、サンデイエゴ・パドレス、コロラド・ロッキーズです。
Peachはこの中ではフィリーズを少し応援しています。できれば、フィリーズと、コロラドにがんばってもらいたいです。

今シーズン中盤ではNYメッツがすごい勢いでしたけれども、シーズン終盤には他のチームに追いつかれてしまいました。
最近のワールド・シリーズで優勝したチームもその後プレーオフに進出していなかったりします。例えば、2005年のホワイトソックス、2006年のカージナルスは両チームとも今年は参加できません。2004年のレッドソックスも去年はプレーオフに進出していません。
ヤンキーズは今年はワイルドカードですが、13年間連続でプレーオフ進出ということになりました。インタビューでキャプテンのジーター選手が毎年と言うのは簡単ではないと言っていましたけれども本当にすごい競争の世界だと思いました。



この記事のURL | New York☆ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。