--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Patagonia☆ Puerto Natales, Mylodon Cave♪
2008/01/08(Tue)
前回のプンタ・アレーナスよりも150kmほど北に移動しています。
パタゴニアでもプエルト・ナターレスという町の辺りはこのような特別な光景が見られます。
町の海岸沿いの道から西向きに海の向こうに見えるのは南米大陸沿いに走るアンデス山脈です。
チリの海岸沿いはアンデス山脈と海に挟まれているところが多いですが、ここが特別と言うのはこのあたりでは海とアンデス山脈が同じ方向このように見えるからです。
ここから南の方に行くとアンデス山脈は南極向きに伸びて海の中にはつながっていますが水中になってしまいます。
この辺り人たちはパタゴニアは南米大陸の「終わり」ではなく「始まり」ですよ。。と説明してくれました。
blog 2008 jan 7 1

Mylodonの洞窟です。1993年にNationalMonument(国立記念碑?)になった場所です。
この地形は地質学的にも興味深い方法で出来上がったそうですが、中にはミロドンの骨などが見つかったそうです。 洞窟の中からの光景です。入り口の左のほうにあるのがミロドンの模型です。
blog 2008 jan 7 2

こちらがミロドンです。白熊より大きかったそうで強そうですが、草食動物ということです。
古代の哺乳類で10000年前ごろにほぼ全滅してしまったとされる動物ですが、1500年代までは生存していたかも知れないとも想定されています。 この辺りの寒い・乾いた気候で骨・皮などがきれいに保存されていることで分かりにくかったようです。
洞窟のなかは静かで多分一人で行ったとしたら怖かったと思います。
blog 2008 jan 7 3

出発点の街プンタ・アレーナスから北のほうに向かうとこのような田舎の風景が続きます。
こちらはアルゼンチンとの国境がある辺りの近くです。
blog 2008 jan 7 4

遠くの山の辺りが国立公園になっていてその右側の辺りがPeach達が向かっている先です。
この辺りの湖の回りでも私有地ということは驚きでした。
本当はもっと近くの部分が明るく取れている写真があるとよいのですが。。どうしても行く先を見ていただきたくて載せちゃいました。
blog 2008 jan 7 5

このようなのどかな光景が続くドライブでした。
かわいい動物達はグアナコという南アメリカに住む主な4種類のらくだの一種です。
小柄な種類のらくだ達です。
今後参加するトレッキングでもっと近くまで歩み寄った時の写真もご紹介したいと思います☆
blog 2008 jan 7 6
この記事のURL | Patagonia | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<Patagonia☆ Torres del Paines♪国立公園です! | メイン | 日本のお正月☆>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sashasblog.blog81.fc2.com/tb.php/189-ef510dd8

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。