--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Homeschooling ☆
2007/02/10(Sat)
今週は午前7:30から会議がある日もあったりして、7時から事務所にいることがほとんどでした。 今週のNYはいちども気温が氷点下を超えることなく終わってしまいそうです。 
今週はいろいろ驚くべきニュースがいくつかありましたけれども、今日のところは「教育」のことについて書くことにしました。 Peachは子供を育てているわけではないので滞在していた所以外にはあまりいろいろな国の制度などについては詳しくないですけれども、会社で採用などに関わったりする時、いろいろな国、教育制度のなかで教育を受けた同僚達と一緒に仕事をしているときなどによく教育のことを考えたりします。 もちろん一般的に学校で習うことも大切です。 でもそれだけでなく他にどういうことを身に着けていると、一番幸せな生活ができるんだろう?というような素朴な質問はいつも持っています。 例えば何か世渡り上手だったりする人たちに逢うととてもうらやましくなります。 あのようなスキルはどうやって身につくのでしょうか?

そこで今週お話に聞いて考えていたのがホームスクーリング(Homeschooling)です。
1850年まではアメリカのほとんどの子供達が自宅で教育を受けていたそうですけれども、最近25年ぐらいでは増え始めているらしいのがホームスクーリングです。
現在では200~300万人の子供達がホームスクーリングを通して勉強をしているらしいです。 職場の同僚の13歳の娘さんがホームスクーリングを始めたいそうでその事について話しかけられたのでPeachもいっしょに考え始めましたけれども身近に他にもこの教育方針を採っている人たちがいることに気がつきました。 Peachのとても尊敬している上司の子供達も学校に行かずホームスクーリングで教育を受けているらしいです。 14歳の女の子と11歳の男の子です。 彼は今(大嫌いな)出張中なので、直接お話を伺えませんでしたけれども、今度どんな生活になるのかなど聞いてみたいと思います。 一般的には教科書(200ドルぐらいからあるそうです)に成るものを買ってきて自宅で学習するようですけど、サポートグループとかがあったり、いろいろな組織が教材・教育方針などを提供しているようです。 その中でも、Waldorf、Montessoriなどは前にも聞いたことがありましたけど、こちらは学校もあったと思います。

Peachが育った地域のひとつでは学校に行かずに家族の経済的な理由で働かなくては行けない子供達もたくさんいて、学校に行ける事が特権という考え方だったので「学校に行かない」と言うのはそれを放棄しているようで違和感を感じます。 学校にいかないとなると、他の子供達、先生方などとも交流が少なくなってしまい、その後の人生でチームで働いたり、活動したりすることになったりしたときに大丈夫なのかな?と心配でもあります。 でもホームスクーリングでまだ子供の時に個性的なところとかを生かしていろいろな才能が開花するのではないかといろいろな可能性と期待も感じます。 どちらが良いかは多分、一人一人の性格とか希望とかどのようなことに興味があるのかなどにもよるのかもしれません。

Peachがもし今7歳ぐらいの子供でニューヨークに住んでいたら、あの黄色いスクールバスに乗って学校に通ってみんなと遊んだりランチを食べたりしたいなって思っちゃうと思いますけど。。。どうなんでしょうね?

Peach got into work at 7am most of the week, with some meetings scheduled from 7:30am. Glad it's Friday and winding down. And we never saw the temperature get above freezing this week.

We had a couple of really sensational news this week, but Peach will go her own way and write about "Education" and in particular about Homeschooling. Peach is not busy raising kids and she does not pretend to know a whole lot about the educational system in any country. However, she thinks about it a lot when she is hiring or when she is just working with different people who have grown up with diverse backgrounds and different educational systems. Of course the "normal" education in schools are important part of it, but can't stop thinking about the education to teach us how to be happy in life.

So, this week Homeschooling was brought to Peach's attention by a colleague at work, whose 13 year old daughter wanted to be homeschooled instead of going to school. Normally how this works is that they would buy the text books (this could be as little as 200 dollars) and study at home. But there seem to be support groups and other educational organizations like Waldorf and Montessori that help in the learning process. Peach also found out that her manager's two kids (14 year old girl and 11 year old boy) are also being homeschooled and she will hear from her manager about how this system works when he returns from his business trip.

Given that it is a privilege for a child to be able to attend school in many parts of the world, it seems counter intuitive to be educated at home. And one wonders how a homeschooled person would do when they come to work with other people. However, there are lot of possibilities and advantages if a person has a specific talent or is sure about their interests as it homeschooling would give such a great opportunity for them to expand on that talent or interest. So Peach's feeling is that it would depend on each person what is best for that individual.

Now a hypothetical case of what Peach would want if she was about 7 years old and was living in NY. Mmmm…probably...she would want to ride in that yellow school bus to get to school, play with and have lunch with other kids, but how about you?
この記事のURL | New York☆ | CM(5) | TB(0) | ▲ top
<<Yankees & Red Sox (Pre-spring training) | メイン | Paraglider...Happy Landing!>>
コメント
-  -
黄色いバスではなかったけれど、
幼稚園の送り迎えはマイクロバスでした。
ホームスクール、ニッポンにはあるのかなぁ?

2007/02/10 21:58  | URL | kaminendo #-[ 編集]
- 通学バス -
アメリカの黄色い大型バスが学校で駐車していると、バス会社の感じ。
番号が行く先別に付いていて、生徒を間違えないで届けてくれる。英語の分からない子供が行く先を間違えて乗車して迷子になっても、無線連絡で正しい場所に届けてくれます。親はその間、心配で涙ぐんでいますが、先生が慰めてくれます。日本では通学時に気の毒な事件が起きるが、アメリカでは家の近くのバス停まで送迎すれば、絶対に安全なバスです。peachのスクールの書込で思い出した。発明王エジソンも家で勉強したと記憶しています。
2007/02/11 09:21  | URL | DXD #-[ 編集]
- kaminendoさん -
ブログ読んでくださってありがとうございます。
Peachは東京にいた時はあまり聞いたことはありませんでした。あまり普及していないかな?と思います。でもMontessori(モンテッソーリ)のスクールはあるみたいです。
2007/02/11 11:19  | URL | Peach #-[ 編集]
- RE:通学バス -
DXDさん、
子供達の安全も守ってくれていたのですね☆古い映画とかにも登場していますけど、最近NYの一部では廃止され始めていて残念です。一般のバスを何度も乗り継いで通学している子供達もいるみたいで問題になっています。
コメントありがとうございます。
2007/02/11 11:33  | URL | Peach #-[ 編集]
- 承認待ちコメント -
このコメントは管理者の承認待ちです
2007/02/13 05:01  | | #[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sashasblog.blog81.fc2.com/tb.php/20-5317a276

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。