--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
とまと。。
2008/06/17(Tue)
10日ほど前からトマトがたいへんな問題になっています。
もう一週間ほどまえから、店頭、そしてサラダバーからもトマトが姿を消してしまいました。

最近の報道によりますと、被害が拡大してしまっています。 28州で合計277人も体調を崩してしまって、そのうち43人は入院、1人は死亡ということでした。
体調崩されている人たちは早くよくなってほしいです。

流通の中でいろいろな産地がトマトが混ざってしまって、どこから問題が始まったのかが分かりにくくなってしまっています。
サルモネラ菌という話もありますが、バクテリアの種類もきちんと公表されていません。

チェリートマト、と他にも茎の付いたトマトは安全とされて、今でも少し販売されています。
それでもどうして茎の付いているトマトは大丈夫かな?。。と考えてしまいます。

そして原因は突き止められるのでしょうか?
しばらく前に日本でも食材のトレーサビリティーのことが論議されていたことがあったと思いますが、今回のトマトに関しては米国ではあまり管理されていないことがわかりました。

赤くて、かわいいやさいなので、お店にいつもあった辺りにないととっても寂しいです。
この記事のURL | Blog | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<トマトを買ってみました。 | メイン | アイス・ホッケー♪。。スタンレーカップ☆>>
コメント
-  -
今度はトマトですか!全米のミツバチが、死体も残さず忽然と居なくなり養蜂家が頭を抱えています。ミツバチが果実などの生産に欠かせず、農家の大切な働き手でもあるが、其れがどんどん居なくなっている。ミツバチのレンタル料が高騰しているそうです。未に、アメリカンチェリーもオレンジも安く食べられなくなる。そして、今度はトマト。ミツバチと同様に残留薬品の影響?なのか?それともウィールス、または細菌の性なのか?アメリカのBSE牛は、韓国に嫌われ大変だが、アメリカの食管理を見せてもらいたい処です。解決を応援します。
2008/06/17 15:25  | URL | DXD #-[ 編集]
-  -
DXDさん、コメントありがとうございます。
トマトの件はバクテリアとされています。
はっきりした原因が突き止められないのでは。。と心配です。
2008/07/01 14:07  | URL | Peach #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sashasblog.blog81.fc2.com/tb.php/216-3785c35e

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。